Shunsaku Ogata
  緒方春朔 −わが国種痘の始祖−  
偉業を讃える
 
史跡を訪ねて
 
緒方春朔史談
  
資料を探す
 
天然痘関係歴史略年表

 

作者紹介
 
サイトマップ
新刊本の紹介
天野甚左衛門顕彰会
予防接種は秋月藩から始まった

更新情報 2015.9.1
史跡を訪ねて


緒方春朔

 秋月藩医緒方春朔は、わが国医療の先覚者の一人である。
天然痘は今や完全に根絶されたが、当時の人々の天然痘に対する恐怖は、現代の我々には想像もつかないほど恐ろしいものであった。

緒方春朔像(杉純一郎氏) 緒方春朔はこの天然痘の予防のため、予防接種である人痘種痘法をわが国で初めて成功させ、これを全国に広めたのである。時に、寛政2年(1790)のことである。これは、エドワード・ジェンナーの牛痘種痘法成功より、6年早い時期であった。この春朔こそが、わが国における種痘の始祖であり、予防接種の先覚者である。
 しかし、この春朔の偉業については、世の中にはあまり知られていない。ここに、ホームページ『緒方春朔』を著し、広く春朔の業績を紹介し、先達の偉業を讃えんとするものである。

平成14年春

秋月、山和荘にて

富田英壽 (日本医史学会会員)


 [HOME] [上へ]  [偉業を讃える] [史跡を訪ねて] [春朔史談] [資料を探す] [歴史略年表] [作者の紹介]
このページは、Internet Explorer 4.0、Netscape 4.5以上でご覧ください。(他のブラウザでは、正常な表示となりません)

copyright(c)2002 Hidehisa Tomita
Counter